合宿免許中の過ごし方について

長期休暇などを利用して自動車免許を取得しようと検討している人の中には、短期集中で免許取得を狙える合宿免許を利用する人も少なくありません。ただ合宿免許中はどのように過ごしているのか、どのように過ごしたらいいのかわからないという人もいますよね。

そこで今回は合宿免許中の過ごし方について、いくつか紹介していきます。

基本的に空き時間は自由に過ごすことができる

合宿免許では、教習所が用意した宿泊施設と教習所を行き来することになります。

教習所内では決められたスケジュールやプログラム通りに講義や実技が行われているのですが、それ以外の時間はある程度自由に過ごしていいと言われているところがほとんどです。関連サイト…合宿免許HUNTER - 運転免許合宿格安

このため講義や実技が入っていない時間帯は自由時間として提供されていますし、1日のスケジュールを終えた後は宿泊施設内でずっと過ごさなければいけないというわけでもありません。ただし無断でほかの宿泊施設を利用したり外泊することは認められていないので、ある程度決められたルールの中で過ごす必要はあります。

ただ言ってしまえばルール内であればどのように過ごしても問題はないので、合宿免許を利用している人の多くは1人または同じく合宿免許を利用している人たち同士で様々な過ごし方をしているようです。

早く免許を取得したい人は予習復習をする

合宿免許を利用している人の中には、早く免許を取得したいと考えている人も少なくありません。

そのような人たちの合宿免許中の過ごし方として多いのが、予習復習をするというものです。合宿免許中の生活の基本は運転免許取得のための知識や技術を身につけることなので、それらをより自分のものとして身につけるために参考書や教習所が提供しているテキスト・設備などを使って勉強して過ごしています。

また宿泊施設内でスマートフォンやタブレット、パソコンなどを使って動画を参考にしながら勉強するという人も多く、ウェブサイトなどを活用する人もいるようです。ちなみに動画サイトやウェブサイトの閲覧は文字で勉強するよりも頭に入りやすいほか、ちょっとしたストレス発散の効果もあるというメリットがあります。

こうして空き時間を有効活用して勉強することで試験で合格する確率を少しでも上げることができるため、おすすめの過ごし方の一つとされています。ちなみに合宿免許では試験に落ちてしまうと追加費用が掛かってしまうことが多いため、そのリスクを回避するという意味でも大切な過ごし方だと言えます。

観光を楽しむという人も多い

ほかにも合宿免許中の過ごし方として多いのが、周辺の観光を楽しむというものです。実は合宿免許が開催されている宿泊施設の周辺は観光地となっているところが多く、ちょっとした旅行気分で合宿に参加できるところも少なくありません。

そのようなところは教習所も息抜きやストレス発散のために観光を推奨しているところもあるので、ちょっとした空き時間を利用して周辺を観光してみるという過ごし方もありです。観光も息抜きやストレス発散に効果的ですし、同じ合宿免許に参加しているメンバーと行くことで仲良くなるチャンスとしても活用できます。

場所によっては大きなショッピングモールがあるのでそちらを散策してみたり、レンタサイクリングを利用して少し遠くまで足を延ばすという人もいます。ちなみに海が近い場所だと海水浴を楽しむことができるほか、スキー場が近くにあれば午前中の講義のみだった時を利用してレジャーを満喫することも可能です。

ただしこれらのレジャーにかかってくる費用は合宿免許の費用とは別になるため、その点を踏まえてどのように過ごすのか考える必要があります。

教習所内の施設を利用して時間を潰す

教習所での講義や実技の合間に、ちょっとした空き時間ができるということがあります。このような場合は下手に遠出をしてしまうと次の講義や実技に間に合わなくなってしまう可能性がありますし、多くの人が予習や復習に時間をかけるタイミングとして利用していますよね。

ただずっと予習や復習ばかりしているとストレスが溜まってしまうので、教習所側も息抜きができるように何らかの設備を設けているところが多いです。例えばテニスコートやスポーツジム、フィットネスクラブなどを併設している教習所もありますし、卓球場やコミックコーナーを設置しているところもあります。

このような併設されている設備は合宿免許を受けている最中であれば自由に利用できるため、ちょっとした空き時間の息抜きやストレス発散、運動などの目的で利用することができます。ただ教習所が開いている時間帯でなければ利用できないので夜間や早朝は利用できないところが多いですし、教習所が休みの日も利用できない場合が少なくありません。

そのため教習所内の施設はあくまでも講義や実技の合間に利用するものとして考えて、有効に活用することがおすすめです。

合宿免許に30代以上で参加する場合に知っておきたいこと

合宿免許に参加しているメンバーで遊ぶ

合宿免許を利用している人の中には、友人などと複数で参加している人も少なくありません。そのような場合は空き時間や教習所での講義や実技が終わった後に予習復習を一緒にしたり、余裕があれば観光やショッピングなどレジャーを一緒に楽しむという過ごし方をしている人が多いようです。

また友人など仲がいい相手と参加しているのであればおしゃべりをしたり一緒にいるだけでも息抜きやストレス発散になりますし、楽しく合宿をこなすことができます。1人で参加している人でもほかのメンバーと仲良くなって遊んだり一緒に過ごすということも多く、誰かと過ごすことで空き時間を潰すというケースは珍しくありません。

また誰かと一緒に予習復習をすることで作業効率を上げることができますし、競争心をあおることで勉強に対する意欲を高める効果も期待できます。そのため試験の合格率を上げるためにも、空き時間をほかの人と一緒に過ごすことは教習所側も推奨しているようです。

ゆっくり自分の時間を過ごす

合宿期間中はほとんど集団で講義や実技に参加するようになるため、なかなか1人の時間を持つことが難しい場合があります。そのような状態を窮屈に感じたりストレスになってしまう人の空き時間の過ごし方の一つとして、1人の時間をゆっくり過ごす方法もおすすめです。

1人で落ち着いた時間を過ごすことで息抜きになる人も少なくありませんし、様々な考えや勉強したことを頭の中でまとめるためには有効な過ごし方と言えます。自分の時間を過ごす方法も多彩で、ただ割り当てられた部屋でゆっくりしたり昼寝をする人もいれば、動画やインターネットサーフィンでのんびり楽しむ人もいます。

合宿中は無理に誰かと過ごさなければいけないということもないので、このように空き時間で自分の時間を満喫することも大切です。